社畜管理職の 逆転ストーリー

ビートルズ ジョン・レノンからマーケティングを学ぶ


 

こんにちは

kurosawaです

 

かの有名なジョン・レノン

彼を例えたマーケティングについてを

マーケティングの権威:ダン・ケネディが

わかりやすく講義していたのでシェアします

 

ある時、ジョン・レノンはプールが欲しいと思いました

彼は何をしたと思いますか?

 

はい、そうです

もちろん曲を書いたのです

ジョン・レノンはこの曲でプールが作れると確信して書いてます

 

なぜだと思いますか?

ジョン・レノンには、”彼を愛するファン(群れ)”がいたからです

日頃から、彼の曲に価値を感じて聴いている

”秩序のある群れ”は新しい曲を心待ちにしています

 

そしてひとたび、曲を書けば

瞬く間に売れていくのです

 

ジョン・レノンはこのことを知っていたので

プールを得ることを確信しているのです

 

曲はいわば、群れに対するプールの請求書のようなものでした

ジョン・レノンは自分のタイミングで自由にお金を得られるのです

 

群れから富を得られるという構図を創っていたのです

 

ダン・ケネディは、

ネットビジネスでも、リアルでも同じで

富を得るためには資産を築くこと

 

そして、”真の資産は群れが築く”と説いてます

 

私たちも、小さいながらも”群れ”を作る必要があるのです

では、どうするか?

・・・

 

訪れてきた方に、価値を与えること!

価値を与えることで、リピーター(群れ)になってもらうことです

 

価値とは、大小さまざまで

お得情報も価値、便利なツールも価値、おもしろいも価値・・・などなど・・・

 

価値とは、言葉は悪いですが

『獲物にあった餌』なのです

 

属性を考え価値を与えることを心がけましょう

 

未来の自分のために・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。