社畜管理職の 逆転ストーリー

中小企業の後継ぎ問題


暗ーい内容ですが、

 

中小企業の後継ぎ問題が深刻化しているようですね。

 

今、後継者がいないことで廃業に追い込まれる中小企業は、

なっ、なんと年間7万社にものぼるとも言われています。

 

この問題の根っこは、経営者の子供たちが、

親の会社を引き継ぐことに躊躇しているからのようです。

なんで、子供が躊躇してしまっているのでしょうか?

 

・・・・・

子供が後継者になりたがらない理由は、

 

真っ先に頭に浮かぶ理由は「親の事業に将来性・魅力がない」というものです。

 

たしかに、この10年あまり中小企業をめぐる経営環境は大きく悪化して、

倒産件数も高い数字が続いているので、

目の当たりにした子供たちが、親の会社を継ぐことに

恐怖感を覚えるのも至極当然ことですね。

景気が良かったころのことを忘れちゃったのですね。

・・・

経営者である親の側も、自分と同様の苦労をわが子に味わわせたくないという思いから、

会社を継がせることに腰が引けていることもあるでしょう。

世間が、概ねネガティブな思考になっているのですねっ。

 

別の側面からは、お金に対する教育がなされていないから稼ぎ方が解らない??

安定した大企業が「楽」!!ってところでしょうか。

 

経営者の方にお話を聞くと、サラリーマンよりも良い面は山ほどあるのに・・・

景気が良ければ、子供にも経営者になってほしいが・・・

という方の割合が高いのも事実です。

 

そのためには、企業の基盤を改善すること、次世代の若者たちに魅力的な事業内容を織り込むことが大切です。

 

時流にのっている、リスクがほとんどない、やり方次第でオートマティック化が図れる、

社会に貢献できる、こんなことが叶えばいいですよね。

 

アフィリエイト新規事業には可能性があります。

まあ、正体不明の私がこんなことをお伝えしてもなかなか伝わらないと思いますが(苦笑)

 

もったいないので、あくまでも自己責任で、一度ご自分なりに調べても悪くないと思います。

 

私はただ、感謝される仕組みを構築したい。

こんなふうに思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。