社畜管理職の 逆転ストーリー

消費者を手玉に取るコンビニ


コンビニエンスストアの商品配列はいかに余計なものを買ってもらうか?

緻密な計算がされているのです。

 

知ってましたか?

 

知らず知らず、ワナにはまっているのです。

 

ワナとは?

多くの店は、入り口がある道路側に雑誌売り場があります。

そこで、数人が立ち読みしているのが当たり前になっていますが、

これも、仕掛けの一つ。

コンビニでは立ち読みは注意されません。

これは、立ち読みしてもらった方が実は、お店にとって都合がいいのです。

外から見た時に、店内に人がいると安心してその店に入りやすくなるのです。

 

アフィリエイトでも、同じことが言えます。

まず、入口です。入りやすくしなければいけませんね。

サイト、ブログでは、キャッチが重要です。

パッと見た感じがきれいでないと立ち寄らずに帰ってしまいます。

インパクトのあるキャッチコピー!

一瞬で目に飛び込んでくるコピーも効果的となります。

 

もちろん、入口に誘導する必要があります。

いくら、キャッチが良いサイトやブログでも全く開かれなければ意味がありません。

 

開いてもらうために必要なことは、

 

代表格では、SEO対策!

SEO対策とは、『グーグル』や『ヤフー』などで検索した際に、

検索結果として表示される順位をいかに上位に表示させるかということをいいます。

SEO対策は、詳しく別枠でお伝えします。

 

コンビニにはなしをもどすと、

店内が特に汚れていなくても頻繁にモップで床を磨いていますが、

これは蛍光灯の光を床に反射させて明るくするためです。

お客さんが多くて、明るい光を放つ店には人が吸い寄せられてきます。

ブログでは、コメントがいろいろと書かれていたり、

推薦文章が書かれているなんていうのは、

お客さんが多いといったイメージにつながりますね。

 

さらに、コンビニの商品配列は、できるだけ多くの商品を買うように計算されています。

コンビニの売り上げの8割近くを占めているのは、

おにぎりやお弁当ですが、これはたいていレジの奥にあります。

入店してきた人の多くは、「いらっしゃいませ~」と迎える

店員がいるレジの前は横切りにくく、右か左にそれます。

店内をうまく「巡回」するように仕向けているのです。

 

その結果、雑誌や飲み物の前を通ることになり、

サラダなどの前菜、弁当類、デザート類と進む間に、

まんまと、雑誌やジュースなどの余計な物を買ってしまうのです。

良く引っかかっていると思いませんか?

 

サイトやブログの戦略もいろいろな角度から研究することが必要です。

しっかりと、ページの閲覧状況の分析。

反応が悪いページのテコ入れなどが必要となるのです。

 

近所でお客さんが多く入って繁盛しているお店には

ネットビジネスに取り入れられるヒントがいろいろとあるはずです。

 

ビジネスという視点で常に周りを見る癖を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。