社畜管理職の 逆転ストーリー

消費者の心を読む


マーケティングとは、ものが売れる仕組みを考えていくことです。

基本的には消費者が欲しがる良いものを適正な価格で提供できれば、ものは売れます。

なので、欲しがるものはなに?価格はどのくらいが妥当?

 

と調べるのです。

 

当然、いち早く察知し提供できるように仕組みをより早く手配する。

かなり勝算があると思いませんか?

 

アフィリエイトの業界でも同じことがあるのですよ。

新しい情報商材の発売前には、先行販売の権利の獲得などがそれに当たります。

その情報収集、権利獲得はどうするのかというと、

 

答えは単純ですが、人脈です。

 

だれが考えても、発売者とのつながりが持てることが一番強いですよね。

アフィリエイトの業界も成功するためには、人脈が大切なのです。

 

孤独ではなかなか・・・

 

おっと・・・話がそれてしまった・・

もっと大切なのは、商品自体を消費者が必要としているものか?です。

 

 

そのためには、顧客のニーズをしっかりつかんでおく必要があります。

消費者の心を読む必要があるのです。

 

一般的に行われるのが、「マーケティングリサーチ」です。

よく、アンケートに答えていませんか?

 

消費者側からみれば、マーケティングリサーチが行われることで、

より自分の欲しいものやサービスを発売者側に伝えられることができるし、

企業側は必要のない商品を開発するといった無駄を省くことができるわけです。

 

顧客が欲しがるものを先読みする。

 

成功した例の代表的なものがソニーのウォークマンです。
んっ、、、、チョット古い? iPhoneにしておけばよかったかな(笑)

 

理論があって作られたものではなく、

先を読んで開発された商品には、楽しさがあり受入れられるのですね。

 

別の角度からも消費者の心は変化しています。

ネットで情報を得て、ネットで購入するという便利さもその一つです。

そのため、企業の広告活動もひところのようにテレビの広告に頼ってばかりはいられない状況になっています。

企業側は、ネットで活躍するアフィリエイターの活用に力を入れていくはずです。

アフィリエイターは、より扱える商品が増えやりやすくなるのです。

チャンスが増えますよっつ!

 

目先の利益ではなく、消費者の心を読んで

商品選定をしっかりとする必要があるのです。

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。